~温かな山里を織り込む~ 山下健 染織展

35_ext_01_0.jpg
訪問着・吉野格子織「想春」
35_ext_05_0.jpg
生絹・花織入帯「白地萌黄市松矢羽根入」
35_ext_06_0.jpg
板締絣綾織帯「茶・グレー矢羽根」
【銀座会場】
会期:2012年9月14日(金) ~ 16日(日)
会場:銀座かねまつホール5階 
 
【福岡会場】 
会期:2012年9月20日(木) ~ 22日(土)
会場:エルガーラ7階ギャラリー 
 
【大分会場】 
会期:2012年10月5日(金) ・ 6日(土)
会場:iichico総合文化ギャラリー(地下1階)
 
 
故・柳悦博氏 に師事し、染織の技術を学んだ 山下健氏の始めての個展を開催いたしました。
「織で大切なのは 地風を決める糸」という山下氏は、自ら藁灰の灰汁(あく)で原糸を精練し、
糸を作るところから作品創りを始めます。
故郷「鳥取 青谷」の大自然の美をテーマに製作に取り組まれ、着物・帯の新作を約40点発表いたしました。
吉野格子織・綾織・花織・ロートン織 など、多彩な織り技で表現した作品をご覧いただきました。