「八丈島が育む織物」展

271_ext_01_0.jpg
手前:山下めゆ作 紬平織 刈安染無地
中:山下芙美子作 グレー・黄鰹縞
右:菊池洋守作 経吉野織 薄ベージュ無地
【東京会場】9月7日(金)~9月9日(日)
       銀座かねまつホール 5階にて
【福岡会場】9月20日(木)~22日(土)
       警固神社 神徳殿にて
【大阪会場】10月5日(金)・6日(土)
       グランフロント大阪タワーC 8階ルームC06にて 

八丈島を代表する織物「黄八丈」の名家・山下家は
島の自然の色にこだわり、天然染料で糸を染め制作を続けています。

その功績が認められ、昭和61年に山下八百子氏が東京都指定無形文化財保持者に認定されました。
山下家の「めゆ工房」では、現在の当主・山下芙美子氏がその染織の技を引き継いでいます。

もう一人、八丈島で織を極める菊池洋守氏は
柳悦博氏に師事し、白洲正子氏からも指導を受け、独自の織の世界を完成させました。

八丈島の美しい風土に根差しながら「用の美」である民藝の精神が生きる作品は
現代感覚あふれる美しさが魅力です。

この度の展覧会では
「山下家」の黄八丈と、菊池洋守氏の作品を展示致します。
八丈島の歴史と風土が育み、発展してきた作品を
多くの皆様にご覧頂きたいと願っております。



【東京会場】 銀座かねまつホール 5階 (東京都中央区銀座6-9-9)
                     期間 9月7日(金)~9月9日(日)
                     時間 10:30~18:30(最終日は17時まで)

【福岡会場】 警固神社 神徳殿 (福岡県福岡市中央区天神2-2-20)
       期間 9月20日(木)~22日(土)
       時間 10:00~18:00(最終日は17時まで)

【大阪会場】 グランフロント大阪 タワーC 8階 ルームC 06
       期間 10月5日(金)・6日(土)
       時間 10:00~18:00(最終日は17時まで)


また、秋の染物の新作も同時発表致します。